留学、オーダーメイド旅行専門の旅行会社スタッフが綴る旅のアレコレ
世界の航空会社ランキング その2

先日発表されたスカイトラックス社による航空会社ランキング・・・、

上位はメディアでも取り上げられることが多いですが、実は320社以上を

調査するかなり大掛かりなもの。スカイトラックス社では100位以下は

公表していないので“真”のワースト10は分かりませんが、

公表されている100位までの下位10社はというと。。。

( )内は昨年の順位


    

91位 ケニヤ航空 (85)

92位 ロイヤルブルネイ航空 (95)

93位 マルタ航空 (101)

94位 厦門航空 (110)

95位  S7航空 (104)

96位 ピーチ (78)

97位 ロイヤル・エア・モロッコ (115位)

98位 中国国際航空 (87)

99位 エアカナダルージュ (131)

100位 アエロメヒコ (94)

     

以外と日本に就航している航空会社が多いことに驚き。

いっても320社以上ある航空会社の91〜100位なので上位3割には入っているので

平均よりも評価が高いということでしょうか。

| 旅のディレクター | 航空会社 | 15:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界の航空会社ランキング 

スカイトラックス社による恒例のエアライン・ランキングが発表!

    

今年のトップ20は以下の顔ぶれに。

   

1.カタール航空

2.シンガポール航空

3.全日空

4.エミレーツ航空(UA)

5.キャセイパシフィック航空(香港)

6.エバー航空(台湾)

7.ルフトハンザ(ドイツ)

8.エティハド航空(UAE)

9.海南航空(中国)

10.ガルーダインドネシア(インドネシア)

11.タイ航空

12.トルコ航空

13.ヴァージンオーストラリア

14.スイス航空

15.カンタス航空(オーストラリア)

16.日本航空

17.オーストリアン航空

18.エールフランス

19.ニュージーランド航空

20.アシアナ航空(韓国)

       

いつもと変わらないのはアジア系、中東系の航空会社がトップ10をほぼ独占。

カタール航空は2011、2012、2015に続いて1位の受賞。

湾岸諸国との関係がややこしい時期だけに受賞はこれまで以上にうれしいニュースになったのではないでしょうか。

       

        

| 旅のディレクター | 航空会社 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
オーストラリアのメルボルンへカンタス航空が成田から就航へ

12月16日からカンタス航空(QF)がメルボルン⇔成田線を開設することに。

日本とオーストラリア間の旅行客数の増加に伴うもので、昨年開設された

羽田⇔シドニー線、成田⇔ブリスベン線に続いて3本目の路線へ。

これによって現在、同区間を運航しているジェットスター便(JQ)は2月25日以降運休します。

      

日本⇔オーストラリア間の人の動きはここ数年伸びていて、昨年、オーストラリア

を訪れた日本人の数は前年比17%増、またオーストラリアからの訪日客も

前年比24%増と力強い伸びに。

    

メルボルン線には最新のビジネスクラスを搭載したエアバス330型機が導入される予定。

   

QF79 メルボルン発(09:15)→成田着(17:30) 毎日

QF80 成田発(19:00)→メルボルン着(07:30/翌日) 毎日

       

メルボルン発が9時台の出発なので同日乗継には向かないのでは?と思いますが、

それでもメルボルンへのアクセスは従来あまりよくなかったので、この冬オーストラリアへ

出かける方にはちょっと嬉しいニュースですね。

    

すでにシドニー線、またはブリスベン線で予約済みの方で新しいメルボルン線へ

変更を希望の方はカスターマーサービスに問い合わせを受けつけるとの事。

また2月26日以降のジェットスターによるメルボルン⇔成田線の予約は

カンタスによる運航便へ引き継がれます。

 

| 旅のディレクター | 航空会社 | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
ギャラクシーノート7 航空機への持ち込みについて

サムスンが製造販売する新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」において、
充電中に内蔵リチウムイオン電池が爆発する事故が発生しており、

それを受け航空機への持ち込みに関して、国土交通省より通知が出ています。
    
1)機内では電源を切ること
2)機内では充電を行わないこと
3)受託手荷物として預け入れないこと


http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku10_hh_000097.html

    

今週飛行機を利用した際も、機内アナウンスで「ギャラクシーノート7」の

取扱いについて案内がされていました。

| 旅のディレクター | 航空会社 | 15:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界の超長距離フライト
新しい航空機の開発により、今までは考えられなかった
超長距離フライトが各地で就航。
     
日本からはアメリカ東海岸あたりが最も遠いルートですが、
そのうち、ブラジル、または南アフリカあたりまでノンストップ
ということがあるかもしれません。(もちろん需要があっての
話なので当面はないでしょうが・・・)
       
さて、世界で今日現在一番長い直行便は??
というと、NZのオークランドと中東のドバイを結ぶルート。
その距離・・・なんと・・・8,819マイル(約14,193辧法
飛行時間は約17時間15分。
  
機内食は何回でるのでしょう・・・。
          
乗継空港で数時間待たされることや、中継空港で荷物が
積み残された・・・などのデメリットをを考えると、
直行便は便利といえば、便利ですが、
それにしても17時間も狭いエコノミーの席でじっとしていたいか?
と言われるとこれまた問題・・・
           
快適性をどのように確保しつつも、直行便の利便性を
提供できるかが今後の課題でしょうか。
        
ちなみに超長距離フライトのトップ8は以下のような順。
   
航空会社|区間|距離(マイル)|所要時間
      

エミレーツ|オークランド(NZ)⇔ドバイ(UAE)|8,819|17:15
エア・インディア|サンフランシスコ(US)⇔デリー(印)|7,690|17:15
カンタス|ダラス(US)⇔シドニー(豪)|8,576|16:50
エティハド|アブダビ(UAE)⇔ロサンゼルス(US)|8,374|16:45
カタール|ドーハ(クウェート)⇔ロサンゼルス(US)|8,290|16:25
エティハド|アブダビ(UAE)⇔ダラス(US)|8,056|16:25
デルタ|ヨハネスブルク(南ア)⇔アトランタ(US)|8,434|16:24
ユナイテッド|サンフランシスコ(US)⇔シンガポール|8,446|16:20
          


エミレーツ航空
| 旅のディレクター | 航空会社 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
航空会社ランキング 2016
AirlineRating.com社がこの度発表した2016年度、
エアライン・オブ・ザ・イヤーにニュージーランド航空が
3年連続で選ばれました。
       
    
トップ10
1.ニュージーランド航空(NZ)

 
   
2.カンタス(QF)

 
           
3.エティハド(EY)

 
       
4.キャセイ・パシフィック(CX)


                                 
5.シンガポール航空(SQ)

       
6.エミレーツ航空(EK)


       
7.EVA航空(BR)
 
           
8.ヴァージンアトランティック(VS)/オーストラリア(VA)


           
9.全日空(NH)


    
10.ルフトハンザ(LH)       
   
     
オセアニア、アジア、中東系がほとんどという結果に。
  
NZ航空が1位となったのは、環境への取り組み、利益水準の高さ、
職員のモティベーションの高さ、安全性への取り組みが評価されたため。
      
ランキングはICAOの協力のもの安全、サービスを7つ星で評価し採点。
    

カテゴリー別の結果は以下の通り。


ベスト・ファーストクラス:エティハド航空
                            
ベスト・ビジネスクラス:シンガポール航空
        
ベスト・プレミアム・エコノミー:ニュージーランド航空

                             
ベスト・エコノミークラス:ニュージーランド航空
          
ベスト・LCC:ヴァージンアメリカ、スクート、Kulula.com、ノルウェー航空
             
ベスト・ラウンジ:カンタス
           
ベスト・ケータリング:カンタス
          
ベスト・インフライト・エンターテイメント:シンガポール航空
           
ベスト・ドメスティック(国内線)・クラス:カンタス
          
ベスト・ニュー・ワールドキャリア:ヴァージン・オーストラリア
      
ベスト・キャビン・クルー:ヴァージン・オーストラリア、ヴァージン・アトランティック
          
ベスト長距離キャリア:エティハド、キャセイ、ルフトハンザ、デルタ
 
| 旅のディレクター | 航空会社 | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界一の長距離フライト?
まだ正式発表ではないですが、エア・インディアが
ベンガル→サンフランシスコを結ぶ
超長距離フライトの就航を計画しているとか??      
       
両都市間の距離は8,699マイル(14,000キロ)。
フライト時間は17〜18時間ぐらいでしょうか。
        
インドとアメリカのIT関連企業集積地同士を結ぶ路線と
なりますが、ビジネスクラスならいざ知らず、
エコノミーではかなりしんどい距離です・・・。

       


      
           
ちなみに現在の世界最長路線(ノンストップ)はオーストラリアのシドニーと
米国のダラスを結ぶ路線。(8,578マイル、13,730キロ)
カンタス航空によって運航されています。

        

       

ただ、この記録来年2月にもエミレーツ航空に取って代わられる予定・・・。
というのも、エミレーツ航空がドバイ→パナマ・シティ間に就航するためで
その距離、8,588マイル、13,760キロ。カンタスの記録よりわずか30キロほど
伸びるだけですが・・・。

         


        
エア・インディアの新路線については今週末あたり、現在訪米中のモルディ首相が
シリコンバレーを訪問された際に正式発表されるかもしれません。
    
現在の世界の長距離路線(ノンストップ)
    
シドニー(豪州)/ダラス(米国) カンタス 
8,578マイル|13,730キロ 16時間50分
                                 
アトランタ(米国)/ヨハネスブルク(南ア) デルタ 
8,439マイル|13,581キロ 16時間30分
                                
ロサンゼルス(米国)/アブダビ(UAE) エティハド 
8,390マイル|13,502キロ 16時間30分
          
ロサンゼルス(米国)/ドバイ(UAE) エミレーツ 
8,339マイル|13,420キロ 16時間30分

 
| 旅のディレクター | 航空会社 | 14:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
アジアの航空会社は清潔?
見出しだけだと??な感じがしますが・・・。
先日発表されたSkytrax社の世界の航空会社ランキングの
1つの項目に「機内の清潔さ」というのがあり、そのトップ10が
全てアジア系航空会社だったという話。
       
調査はお客様の感覚?(評価)によるもので、実際にトイレや
機内食を運ぶトレイの細菌数を化学的にチェックしたものではない
ですが、機内が「清潔」であると感じる航空会社がアジアに
多いということはそれだけ清掃が行き届いているからということでしょう。
           
機内の清潔感・トップ10
    
1.エバー航空(台湾)
2.シンガポール航空(シンガポール)
3.全日空(日本)
4.キャセイ・パシフィック航空(香港)
5.アシアナ航空(韓国)
6.ガルーダ・インドネシア航空(インドネシア)
7.日本航空(日本)
8.海南航空(中国)
9.大韓航空(韓国)
10.香港航空(香港)
        
全体的に評価の高かった中東系の航空会社が入っていないのは
不思議な感じがします。
     
そういえば、数日前イギリスのバーミンガムからドバイへ向かう
エミレーツ航空の機内でネズミが発見され、離陸前の機体が
ターミナルへ引き返したというニュースがありました。
機材は一晩かけてキレイに清掃されたそうです。
          
| 旅のディレクター | 航空会社 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
航空会社ランキング ファースト/ビジネス/エコノミー
昨日に続いてSkytrax社による世界の航空会社ランキングより
各クラス別のランキングをご紹介したいと・・・。
        
         
『ベスト!ファーストクラス』
1.エティハド航空
2.シンガポール航空
3.全日空
4.キャセイ・パシフィック
5.ルフトハンザ
6.カタール航空
7.カンタス航空
8.エミレーツ航空

9.日本航空
10.エールフランス

      
       
『ベスト!ビジネスクラス』
1.シンガポール航空
2.カタール航空
3.キャセイ・パシフィック
4.全日空
5.エティハド航空
6.ガルーダ・インドネシア航空
7.カンタス航空
8.エミレーツ航空
9.トルコ航空
10.オマーン航空

       
     
『ベスト!プレミアムエコノミー』
1.ニュージーランド航空
2.カンタス航空
3.ルフトハンザ・ドイツ航空
4.トルコ航空
5.キャセイ・パシフィック航空
6.ブリティッシュ・エアウェイズ
7.日本航空
8.ヴァージン・オーストラリア
9.全日空
10.エールフランス

      
        
『ベスト!エコノミークラス』
1.アシアナ航空
2.シンガポール航空
3.カタール航空
4.ガルーダ・インドネシア航空
5.キャセイ・パシフィック航空
6.全日空
7.エミレーツ航空
8.トルコ航空
9.タイ航空
10.エバー航空

            


シンガポール航空(エコノミークラス)

なんとなく各社の特徴が見えてきますね。
中東系・・・ファースト、ビジネスの上位クラスで存在感。
エコノミークラス・・・アジア系航空会社が多い。
アメリカ系・・・トップ10なし。       

| 旅のディレクター | 航空会社 | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
世界の航空会社ランキング
2015年度、Skytrax社による航空会社ランキングが発表に。
トップ50と前年の順位は下記の通りに。
      


               
2014順位
   
1 カタール航空 2
2 シンガポール航空 3
3 キャセイパシフィック航空 1
4 トルコ航空 5
5 エミレーツ航空 4
6 エティハド航空 9
7 全日空 6
8 ガルーダインドネシア 7
9 エバー航空 12
10 カンタス航空 11
11 アシアナ航空 8
12 ルフトハンザドイツ航空 10
13 オーストリア航空 21
14 スイスインターナショナル 13
15 エールフランス 25
16 ヴァージン・オーストラリア 15
17 ニュージーランド航空 16
18 ドラゴン航空 28
19 タイ航空 14
20 ブリティッシュ・エアウェイズ 17
21 日本航空 23
22 海南航空 19
23 バンコク・エアウェイズ 20
24 マレーシア航空 18
25 エア・アジア 31
26 エア・カナダ 24
27 オマーン航空 22
28 KLMオランダ航空 32
29 エーゲ航空 30
30 香港航空 29
31 フィンランド航空 37
32 LAN航空 33
33 ノルウェー・エアシャトル 38
34 南アフリカ航空 22
35 オマーン航空 27
36 中国南方航空 35
37 ヴァージンアトランティツク航空 34
38 大韓航空 26
39 イージージェット 44
40 エア・アスタナ 41
41 ジェットスター 39
42 シルクエアー 40
43 エア・アジアX 36
44 インディゴ航空 43
45 デルタ航空 49
46 アエロフロート航空 51
47 ウェストジェット 45
48 ポーター航空 55
49 アビアンカ航空 47
50 ジェットブルー 59
***番外***
75 ピーチ 80
| 旅のディレクター | 航空会社 | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
このページの先頭へ