留学、オーダーメイド旅行専門の旅行会社スタッフが綴る旅のアレコレ
世界の空港のwifiスピード
イギリスのタブロイド紙「デイリーメール」に世界の空港の
wifiスピードに関する記事が載っていました。
       
調査方法がどのようなものかわかりませんが・・・、
結果はというと!!
なんと!!!

タイの空港が最も速い!!!!
    
wifiスピードの速さTOP10
   
1.バンコク・ドンムアン空港(タイ) 42.22Mbps
2.リトルロック空港(米国) 36.23Mbps
3.クアラルンプール空港(マレーシア) 34.54Mbps
4.チャッタヌーガ空港(米国) 34.19Mbps
5.チェンマイ空港(タイ) 32.80Mbps
6.ヒューストン空港(米国) 32.70Mbps
7.ハートヤイ空港(タイ) 32.08Mbps
8.チェンライ空港(タイ) 29.05Mbps
9.バンコク・スワンナプーム空港(タイ) 27.11Mbps
10.タリン空港(エストニア) 23.86Mbps
  
スピードは平均ダウンロード(Mbps)   
      
意外といっては失礼ですが、タイの空港がTOP10の半分を
占める結果に。     
       
ヨーロッパのTOP5はというと・・・。
    
1.タリン空港(エストニア) 23.96Mbps
2.ミュンヘン空港(ドイツ) 14.08Mbps
3.フランクフルト空港(ドイツ) 13.75Mbps
4.ヘルシンキ空港(フィンランド) 12.59Mbps
5. ヴィリニュス空港(リトアニア) 12.14Mbps
             
こちらは北欧に分があるようです。
        
ますます空港での待ち時間に利用が見込まれるwifiだけに
今後の空港を評価するランキングでも大きな比重をしめるのでは?

       

 
クアラルンプール空港のラウンジ
| 旅のディレクター | 空港 | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
ヘルシンキ空港 静かな空港へ
6月からヘルシンキ空港ではターミナル全体への
アナウンスを無くし、静かな空港を目指すことに!
     
出発ゲート付近でのボーディングコールや、緊急時の
放送はこれまでと変わらないものの、6月以降ヘルシンキ空港を
利用される方はテレビモニターや、スマホ等で利用便の
搭乗ゲート、又は出発時刻等に変更が無いかこれまで以上に
注意が必要になります。
       
『サイレント・エアポート』プロジェクトの一環として今回
取り組まれることとなり、アナウンスによるノイズを軽減し、
空港滞在時の快適さを改善するのとともに、時間に追われる感を
減らすのが目的。
            
日本の空港も早く取り入れてほしいかも…。
     


      
| 旅のディレクター | 空港 | 11:04 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
このページの先頭へ