留学、オーダーメイド旅行専門の旅行会社スタッフが綴る旅のアレコレ
シンガポール ガーデンバイザベイ₍3₎

すっかり日も暮れてしまいましたが、続いてもう一つの

屋内施設「クラウド」に。。。

    

面積は「フラワーガーデン」より狭いものの、こちらは

高さのある構造。フラワーガーデンがフラットな見学路

だったのに比べ、こちらは上から回廊式に下っていく流れ。

 

   

入ってまず目にする滝。

夜だからでしょうか、紫にライトアップされていました。

ミストが心地よいぐらいですが、冷房と混じってかなりヒンヤリする感じ。

昼間だと快適だったかも。

    

展示は夜で少し暗かったので、??なものも多かった気がしますが、高山を

再現されているらしく、普段見慣れない植物がアチラコチラに。

 

上から下ってくる回廊もライトアップされて、自然と人工が融合した

雰囲気?に。滝のミストなのか、湿度調整のせいなのか、スロープは

滑りやすそうな印象でした。早歩きは要注意です。

     

植物園というより、お化け屋敷?な感じのディスプレイも。

        

高山植物に興味のある方には見所が多いのかもしれないですが、

フラワードームの方が誰もが楽しめる造りになっていた気が。

滝は記憶に残っているが、それ以外は「何を見たっけ?」、「涼しかったな」

という印象で、クラウドを後にすることに。

  

   

外はすっかり真っ暗でスーパーツリーがキレイにイルミネーションされていました。

  

   

あと中秋際のディスプレイも。

    

ライトアップされたディスプレイを眺めながら、夕食をとるべく

マリーナサンズの方向へ歩いている途中(8時ぐらい?)スーパーツリー

で音楽と光を使ったShowがありました。ビデオを撮ろうと立ち位置を

探すのですが、大勢の人で・・・。前の人の頭、頭が画面の半分ぐらいに。

   

マリーナベイサンズまでは徒歩で10分ぐらいでしょうか。15分はかからなかったはず。

マリーナベイサンズのタクシー乗り場から空港へは夜だったこともあり、夜間料金で

行きより少し高かったですが、それでも25ドル以下₍約2,000円)。

入場料、スカイウェイ、タクシーと合わせても100ドル₍約8,000円₎あればおつりがくるぐらい。

時間も人それぞれですが、3〜4時間もあれば行って、見て、帰れるかと。

ぜひ、シンガポールNo.1の人気観光スポットへ。

| 旅のディレクター | シンガポール | 16:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
シンガポール ガーデンバイザベイ(2)

途中、独特な造りが目を引く「マリーナベイサンズ」を横目に見ながら

これまた奇妙な木々が立ち並ぶ「スカイウォーク」エリアへ。

  

        

    

以前、写真でイルミネーションがキレイなのを見た記憶があったので、

日が沈む頃が良いのかな?と思い、チケット売り場へ。

スカイウォークは別途8ドルかかります。木ではないけど、タワーを

エレベーターで上がります。(脚力に自信のある方は階段もあったかと)

   

何せ、人気の観光スポットだけに、チケットの行列、上に上がるエレベーターの

行列が心配でしたが、思いのほか、待っている人は少なったです。

チケットは10組ぐらい。エレベーターも10分も待たずに上に上がれました。

   

上からの景色。手前の黄色く輝いているのは「中秋祭」のオブジェ。

スカイウォークは100〜150mぐらいでしょうか。これこそ「スタスタ」歩いたら

1分で終わってしまいます。一方通行なのでゆっくり景色を楽しみながら

歩いた方が「お得」?

      

日暮れとともに周りも暗くなり、ほのかにツリー達も色づきだします。

 

     

ツリーのアップ

   

本物の植物?がデコレーションされているようです。

     

to be continued

| 旅のディレクター | シンガポール | 12:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
シンガポール ガーデンバイザベイ(1)

先日、トランジットでシンガポールに立ち寄ったので、ガーデンバイザベイへ。

「植物園?・・・興味ないねんけど。。」と思っていたのですが、

下調べと思ってトリップアドバイザーで検索してみると「なんと観光情報」

では第一位に。

シンガポールと言えば、「オーチャードストリート」、「セントーサ島」、

「ナイトサファリ」に「マーライオン」??なんて思っていただけに少し意外でした。

   

トランジットを利用しての観光なので、空港からタクシーで直行。

タクシーの運転手に「ガーデンバイザベイ」と言えばOK。

空港から20ドルくらいでした。時間も20〜25分ぐらい。

クレジットカードで支払もできるので(plus10%ですが)わざわざシンガポールドルに

両替しなくてもOK。心配な人も多いでしょうが、ドルの手持ちがなくても行って

帰ってこれます。

ガーデン自体は無料ですが、ドーム型の室内施設(フラワーガーデンとクラウド)は

入場料が必要。確か28ドル(約2,200円)。タクシーを降りて、ガラス張りの

ドームを目指して歩けば途中にチケット売り場があります。

   

  

    

夕方に訪ねましたが、蒸し暑いシンガポール。汗をかきたくないので

日が暮れるまで、とりあえず「フラワードーム」へ。

   

変なサボテン系の観葉植物、かわいい花畑、等々がありました。

ゆっくり見れば1時間ぐらいでしょうか・・・。一人なので15〜20分で

一周できてしまうサイズ。どれくらい時間がかかるかは、「誰と行く」、

「どの程度花が好きか」次第。さすがに温度調整されて涼しいので

夜より日中に行くのがおすすめです。

       

外に出ると夕暮れには早いものの太陽もだいぶ西に傾てました。対岸が

写真のような景色の良いところなのでジョギングやウォーキング

されている方もたくさん見かけました。

こちらはトランジット・・・。(ホテルへ帰って汗を流すことができないので)

汗をかかないようにゆっくり地図を見ながら、夕暮れ時を狙って「スカイウォーク」へ。

   

to be continued

| 旅のディレクター | シンガポール | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
シンガポール航空 関空線 期間限定でA380に
 あけましておめでとうございます。
本年も役立つ「旅のアレコレ」をつづってまりいますので
よろしくお願いいたします。
              

さて、シンガポール航空では春休み期間の旅行需要に合わせて
3月29日(火)〜4月5日(火)までの8日間、期間限定ながらも
大阪⇔シンガポール間のSQ619/618便を、総2階建の
A380機材で運航します。
        
夏のお盆の時期にも期間限定でA380による運航がされていましたが
これも訪日客(特に花見客)増加の影響でしょうか。
     
通常のA330機材と比べ、スイート(12席)、ビジネス(60席)、
プレミアムエコノミー(36席)、エコノミー(333席)に席数も大幅UP。

       

 
| 旅のディレクター | シンガポール | 12:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロンリープラネットのおすすめ旅行先 2015
10月も終わりに近づき今年も残すところあと2ヶ月となりました。
そろそろ(では遅いか・・・)年末のご旅行の計画、もしくは来年の
旅行の計画を思っている方も多いはず・・・。
     
次の旅先をどこにしようかと思っている方・・・、
ロンリープラネット社(旅行ガイドブックの出版社)が来年のおすすめ
旅行先を発表しましたので参考になさっては如何でしょうか。
          
http://www.lonelyplanet.com/best-in-travel/countries/01-singapore
         

Top 10 Countries
1. シンガポール
2. ナミビア
3. リトアニア
4. ニカラグア
5. アイルランド
6. コンゴ
7. セルビア
8. フィリピン
9. セントルシア
10. モロッコ   

比較的日本から地理的にも縁遠い国が多い中、おすすめはやはり『シンガポール』。
都会でありながら、リゾートな雰囲気もあり、テーマパークも充実しているので
全ての年齢層で楽しめるのが一番のおすすめポイントでしょうか。
                 

トップになったシンガポールのマリーナ地区。金融機関の高層ビルが建ち並ぶ。   


注目のマリーナベイサンズのショッピングアーケード。
決して安くは無いですが、中国系観光客でにぎわっています。
     


老舗ラッフルズホテル。街中に位置し、ホテル周辺は交通量も多いのですが、
回廊から中庭へ入ると静かで、時間も気持ちゆっくりめな雰囲気。
             


セントーサ島のユニバーサル(USS)。開場とともに大勢の観光客でにぎわっています。
                   

すみれインターナショナル
海外語学留学、オーダーメイド旅行を専門とする古都「奈良」の旅行会社。
オーストラリア、NZへの親子留学、ドイツ旅行のことなら・・・
ドイツワイン&ハイキングの旅などユニークなプランをご提案します。 

| 旅のディレクター | シンガポール | 15:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
シンガポール航空による世界一の長距離路線が運休へ

世界一長い航空路線ってどこかご存知ですか?(カーゴ便を除く)    
                  


答:シンガポール→ニューヨーク (シンガポール航空による運航)      
注:ニューヨーク=ニューアーク空港                  


何とその距離16,700キロ、所要時間は約19時間。
19時間ですよ・・・(超長い) しょぼん


エコノミークラスで19時間はしんどいと思われた方、ご安心を!
ビジネスクラスONLYの機材で運航されています。しょぼん


シンガポール航空が2004年にエアバス340-500型機によって
運航を開始したこの路線ですが、来月(11/25)で運休になることが決定。しょぼん


確か今週火曜日に世界二だったシンガポール→ロサンゼルス線が運休に
なったので、世界一と世界二の路線が相次いで運休されることに。                


就航当時はビジネスとエコノミー(今でいうプレミアムエコノミー)の
2クラスだったのがいつもまにかビジネスクラスのみの仕様となり
100名程度の乗客を4人のパイロットで運ぶことに。
ちなみにシンガポール→ニューヨーク間のお値段はざっと100万円ほど。
(来週の空きで調べてみました。)                      


食事も3回提供され、19時間もあれば一体何本映画を見れるんだ?
って感じですが・・・100万円となると利用者が伸びなかったのかな?
という気がしなくもないですね。           


いずれにせよこれで世界一と世界二が消えることで、12月以降
世界最長路線となるのがカンタスが運航するシドニー→ダラス線。グッド!


カンタスのボーイング747-400ER型機によって運航されており
2都市間の距離はざっと13,800キロ。
所要時間は行きと帰りで違うものの大体15〜16時間。
飛んでも飛んでも外は↓↓↓な感じでしょうか・・・。

       
                     

いつも思うのですが、新幹線は新型車両が登場するたびに所要時間の
短縮が多少なりともありますが、飛行機ってなかなか早くならないですよね・・・。                

ここ数年、航空業界ではボーイング787しかり、エアバス380など新型機が
登場していますが、飛行時間って従来とさほど変わらないんですよねぇ。
(ちょっとガッカリです。)
                

| 旅のディレクター | シンガポール | 14:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
シンガポール カジノの来場者が100万人を突破
 観光客増加を狙って今年の2月と4月と2軒オープンしたシンガポールのカジノ

の来場者数が100万人を突破したことが明らかに。クラッカー


100万人突破がすごいのかどうかはわかりませんが、驚いたことに

このカジノ、地元民(シンガポール人のことですが)が入場するには100ドル

の入場料が徴収されるんですね。あせる


これは地元住民をギャンブルから守るためのものだそうで、カジノ側にも

地元住民を主要マーケットとして経営させないようにするためだとか。


(厳密には100ドルの入場料はシンガポール市民と永住権所有者に対して

徴収されます。)100ドル払ってまでカジノへ行きたい人は少ないでしょうから

中々のアイデアと言えるかもしれません。


入場料以外にも当初市内の主要箇所からカジノへ運航されていたバスサービス

も労働階級者をカジノへ誘導するものでは?という指摘に従い中止されたほどで

なかなかの徹底ぶり。


確かに、各国のカジノには「ギャンブル依存症」に対するヘルプラインの案内

が掲示されていたり、地元住民への被害が心配されるところが多い中、

シンガポール式カジノ経営はグッドアイデアかも音譜

| 旅のディレクター | シンガポール | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
このページの先頭へ