留学、オーダーメイド旅行専門の旅行会社スタッフが綴る旅のアレコレ
北京の主要観光スポットで入場制限?
日本は昨日から最大10連休のGWに入りましたが、
お隣中国も今週末は連休。
   
ということで・・・、
      
季節の良い時期でもあり、観光スポットはたくさんの
人出??になることが予想されています。
     
なかでも、首都「北京」には約180万人の観光客がやってくるとの予想。
      
特に明日(5/1)、明後日(5/2)の日中は相当な混雑となるで
あろうことから人気の観光スポットでは入場制限を設けるよう。
           
午前10時から2時間毎に混雑具合をSina Weiboに公表され、
見学予定者はその情報を参考にして混雑を避けるか、もしくは
混雑の少ない観光スポットへ向かってほしい意図??なようです。
      
例えば、紫禁城(故宮)は上限が40万人に。
  
連休期間中に北京を訪問予定の方はご注意を。。。
| 旅のディレクター | 中国 | 09:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
広州に観覧車?登場
成長著しい中国に中国らしい新しい観光スポットが誕生。

観覧車(?)なのですが、地上450m(広州タワーの上)に設置され
世界で最も高いそうです。
   
 
 
16の透明のカプセル状の物体がレールの上を廻るのですが、
360度どの方向の景色も楽しめるというもの。

どうせなら、床も透明のフロアにしてスリルを味わえるようにしてくれたら?
と思わなくもないですが・・・。

約20〜40分の乗車時間で一度に合計96人が天上のスピンを楽しめる
アトラクション。一般的な縦周りではなく横に廻る(15度の傾斜はありますが)
のがこの観覧車のおもしろいところ。

料金は130元(約1,800円)。

人口1,500万人の大都市『広州』を空中散歩してみたい方には
面白いのではないでしょうか。

 

乗り場が450mのビルの屋上ということで、子供が走り回ったり
して危なくないのかな?と気にはなりますが・・・。

| 旅のディレクター | 中国 | 13:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
卓球のラケットの形をしたホテル in 中国
卓球がお盛んな中国だけに、あり得ない話でもないのでしょうが、
卓球のラケットをモチーフにしたホテルがこのほど建設されることに。



上の写真を見ての通り、卓球のラケットを逆さにしたような形をしたホテル。
淮南市の新しい運動公園の一角に建設される予定だそうです。

写真からはそれほど大きく見えませんが、完成すると高さ150mと結構な大きさに。 

ラケットの持ち手の部分にあたる高層フロアは観光客向けの展望台に。   

忠実に卓球のラケットを再現するためか、客室の窓は丸型になるとか。
ラケットの表面のプツプツしたゴムを模しているそうです。          

さすが卓球王国『中国』と言った感ですが、驚きはこのホテルが
位置する、運動公園。 

 

各施設がそれぞれのボールの形をしていて、サッカー、バレー、
バスケットボールの形のスタジアが・・・。

ドバイのヨット形をした「ジュメイラ・ホテル」はそのユニークな
デザインからドバイを代表するホテルとなりましたが、この
ピンポン形ホテルも 淮南の『シンボル』となれるのでしょうか・・・。

| 旅のディレクター | 中国 | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
中国からの花見客?

こんにちわ。

バタバタ午前中の業務をこなして、昼休みです。ホットコーヒー
今週から来週にかけて桜も見ごろを迎えるところが多いようですね。

このところの寒さでどこも予想より満開遅くなるそうで、やっぱり
入学式は「桜」でないと・・という方には朗報ですね。桜

中国方面の問合せを数件頂戴し、飛行機の空きを調べていたの
ですが今週から来週にかけて成田便、関空便ともにすごく
混んでいるのでびっくり。


 
旧正月でもないし、欧米は今週末イースター休暇を迎えますが、
中国は関係ないし・・・。

なんだろうと思いめぐらしていると、どうやら中国からの花見客
で混んでいるとか・・・。桜 桜


お金持ちな中国人が大挙してやってくるのでしょうねぇ〜。
確かに見ごろの今週〜来週にかけて混んでいるので、
花見客の影響かもしれないなと納得したり。ウンウン

来年からは桜の頃の予約は早めの手配がベターです。

| 旅のディレクター | 中国 | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
北京のおすすめホテル
 こんにちわ。

日中バタバタとしているとあっという間にブログの更新がこの時間に・・。
でもふと気づけばいつの間にやらだいぶ陽が長くなりましたね。

先日北京へお出かけのお客様にご紹介したホテルを甚くお気に召して
頂け大変嬉しかったので今日はそのホテルのことを・・。音譜

北京の市内中心、繁華街として有名な王府井(ワンフーチン)にあるのが
↓↓↓↓↓Park Plaza Hotel(パークプラザホテル・麗亭酒店)。



実は以前ロンドンの同系列のホテルに滞在した際に、4ツ星クラスにしては
リーズナブルな料金だったのと、ホテルのデザインやサービスの良さの
おかげで気持ちよく滞在できファンになったのが始まり。

写真を見てもわかるように、お部屋もバーなどのダイニングエリアも
センスの良さを感じさせてくれます。


一般的にホテルは1〜5ツ星でランク分けされていますが、本当のところは
行ってみないと分からないことが多いです。名ばかり5ツ星も結構ありますし・・。

人それぞれ好みが異なるので自分の感性に合ったホテルはなかなか見つけるのが
難しいですが、パークプラザは4ツ星でありながら5ツ星的な落ち着いた空間と
モダンなデザイン、そしてリーズナブルな料金がおすすめです。

「モダン」と言っても"斬新"で"奇抜"というよりは"クラシックな落ち着いた
雰囲気の中に暖かみのあるやさしいデザイン"という意味のモダンなので
どなたにも満足いただけると思います。
いまいちわかりにくい表現ですいません・・。


パークプラザはCarlson(カールソン)系列のホテルで、同系列には
Regent、Radisson、Country Inns & Suites、Park Innなどがあります。

パークプラザはイギリス、オランダ、ハンガリー、ドイツ、中国、インド、タイ、
アメリカなどで展開しているので次回その方面へお出かけの方は是非候補の
一つに入れてくださいね。

| 旅のディレクター | 中国 | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
PROFILE
このページの先頭へ